AGAになりやすい人の体質とは

AGAで悩んでいる方は、父親が薄毛だから自分も髪が薄くなってしまったと思っている方がほとんどなのではないでしょうか。

実は、遺伝の要素も強いですが、なりやすい体質があるということが分かってきたのです。

AGAになりやすい体質の方は、バランスの悪い食生活を送ってしまっている方や運動不足の方、飲酒や喫煙している方などが挙げられます。

特に食生活では、動物性脂肪を好んで食べる方が、AGAになりやすいという特徴があるようです。

そのため、男性が薄毛を改善するには、生活習慣を見直すことが欠かせません。
バランスの良い食事を食べたり、適度な運動をすることを心がけましょう。

また、お酒を飲むことが好きだったり、1日に何本も煙草を吸ってしまうという方は少し控えめにしてみてはいかがでしょうか。

AGAは別名、男性型脱毛症と言われています。

専門のクリニックに行き効果的な治療を行うことも大切ですが、まずは自分が男性型脱毛症であるかをチェックすることから始めてみましょう。

男性型脱毛症の方の場合、頭頂部や額の生え際が薄くなってしまうことが特徴です。

また、頭頂部と額の生え際の距離が、2cm以下の方の場合、男性型脱毛症である可能性もあるので正しい対策法を試してみることをおすすめします。

専門のクリニックで治療を行うことで、遺伝子診断を行うことも可能です。

薄毛になりやすい体質は遺伝しやすいと言われていますが、専門のクリニックできちんと遺伝子診断を行うことで適切な治療が行えるようになるのもメリットです。

また、遺伝子診断を行うことにより、脱毛リスクや治療薬を使った治療効果の予測にも繋がります。

クリニックによって遺伝子診断には料金の差がありますが、リーズナブルな費用で行えるので試してみてはいかがでしょうか。

また、最近では、自宅で簡単に調べることも可能です。

口腔内粘膜を採取するだけでいいので、簡単に遺伝子診断が行えて試しやすいと思います。

また、治療薬に関してもフィナロイドなどのジェネリック医薬品をインターネットを使って簡単に安く購入することができるので試してみてはいかがでしょうか。

投稿日: